toggle

設立理念

設立理念

日本における牡蠣を食べる食文化、得に生牡蠣を食べる文化は、ようやく花開きつつあります。日本人にとって、殻付及び生食だけでなく、牡蠣を食べることは、少し緊張する、特別な存在であったことは間違いありません。その中で、わたしたちは素晴らしい生牡蠣たちに出会い、殻付生牡蠣を食べることの楽しみとも出会いました。そこには笑顔があり、会話があり、はじける未来があると私たちは感じています。

しかし、牡蠣を食べることについて、難しい点がいくつかあることも事実です。海水の状況は刻々と変わり、日々の生活の中で、生活用水、工業用排水など、様々な理由から、様々なウィルス、菌などで汚染との背中合わせの中、生産者さんの努力により、その楽しみをいただいています。

私たちは、消費者であるわたしたちが、恐れることなく牡蠣を心から楽しんで食べられることと共に、それを提供してくださる、店舗、仲買の方たち、そして、生産者さんの皆さんが、牡蠣を通じて、笑顔の輪が広がり、よいものを扱うこと、よいものを生産することが、まっとうに日本国内、そして、世界でも評価していただけることを願って、この会を設立しました。

それは、消費者として、店舗、仲買の方、および生産者の皆さんを後押しさせていただくという決意であり、決して、いまの現状のみを肯定するものではありません。足りないところがあれば、一緒に悩みたい。

これからの未来を、日本国内のみならず、世界に対しても、関係各所・専門機関と連携し、上記三者で相互理解を深めながら、協力し合い、新たな試みや今まで実現できなかったことの原因も一緒に探り、一緒に未来に向かって、たくさんの、たくさんの夢を発信し、それを笑顔でつなげていきたいと思っています。

想いを同じくするものとして、消費者、店舗、仲買の方、そして、生産者が力を合わせれば、必ず、未来は輝いてゆくものと信じています。

わたくしたち牡蠣の会は、牡蠣から発信する笑顔をたくさん増やしていくことを大きな喜びとして、設立趣意とします。

2015年5月1日 一般社団法人 牡蠣の会